3種類のシルエット考えるTシャツの選び方

  • URLをコピーしました!

1枚で着るTシャツ、中に着るTシャツ

普段どのように選んでいますか?

自分の好きな色で自分の好きな大きさで着ている人がほとんどだと思います。

流行が変わるのが早いので自分はどんな着方が似合うんだろうと思ってしまうことありませんか?

Tシャツなのでザックリ着たいはずですが選び方で見え方はもちろん、着ている自分も気持ちよく着ることができるんです。

無理して着たり、合っているのかなぁなんて不安を少しでも消していけたらと思います。

この記事はこんな人におススメ
  • 自分に合うTシャツはどんなものか悩んでしまう。
  • 好きな色ばかり着てるけどオシャレに見せるにはどうしたらいいのか?
  • 中に着るTシャツってどれがいいの?
目次

シルエットで選ぶ

3種類のシルエット

  1. 細めのサイズで着る
  2. ジャストサイズで着る
  3. オーバーサイズで着る

細めのサイズを着る

体にフィットして、袖短め

ロックなバンドの方が着ていたり

筋肉がすごいマッチョな方が着てるイメージです。

細めに着ると体のラインが出たり

インナーにTシャツやタンクトップを重ねた場合その形が出てしまいます。

細めに着るということは体とTシャツの間に隙間がないのでどうしてもそうなってしまいます。

基本的には一枚で着ることがオススメですが

夏場なんて汗をかいてしまって、汗ジミがTシャツに出てしまうのが嫌なんて思いませんか?

涼しさを考えるとタンクトップがいいと思いますが

タンクトップって首もとと脇の所が広くできているので

首元と脇に汗をかいて変にTシャツが濡れてしまいます。

細目のTシャツを重ね着する場合は同じ大きさぐらいのものを中に着るといいと思います。

そして細めのサイズでインナーのTシャツを着るときに一番気にした方がいいところは袖の長さだと思います。

上に着ているものより袖の長いものを選んでしまうと袖のところでたわんでしまったり、左右で長さが変わって

納得のいかないことがあります。

今までいろいろな細めのサイズのTシャツを見てきましたが、バランスをよくするためか袖が短めで袖の周囲も細目にできています。

レイヤードして出すという場合でも袖の周囲の長さと袖の長さをチェックしてインナーのTシャツを選ぶべきです。

細めのサイズのTシャツのメリット
  • 体のラインが出るのでスッキリ見える
  • Aライン(上が細くて、ズボンが太め)のシルエットを作ることができる
細めのサイズのTシャツのデメリット
  • 中のインナーのサイズにも気を使わなければいけない。

中に着るTシャツは袖は短いものを選ぶ。
レイヤードするときも袖の周囲が上に着ているTシャツより短いものにする。

ジャストサイズで着る

ジャストサイズで着ると言っても人によってジャストサイズというのは違うものだと思います。

今回は多少ゆとりのあるサイズ感で着る場合を想定して書いています。

ジャストサイズで着る人が一番多いのではないかと思います。

見え方として一番ベーシックに見えます。

サイズの選び方も深く考えなくても自分が普段買うサイズのものを買えばいいです。

ただ最近は服が大きめで作られていることが多く、昔よりも痩せたのかなと思ってしまいます。

商品名に「オーバー」「リラックス」「ワイド」などと表記している場合は一度体に合わせてみて

大きさをチェックしましょう。

インナーを着る場合でも多少ゆとりがあるのでインナーの形が出る恐れはあまりありません。

しかし、薄手の生地にしてしまうとインナーの形がでてしまうので気になる方は厚手の生地を選びましょう。

ちなみにですがこの厚さのことをオンスともいいます。

Tシャツだけではなく、デニムでもこの言葉が使われることがあるので覚えておいてもいいと思います。

オンスは数字で表記されますが、数字が大きいほど厚く、小さいほど薄くなっています。

ジャストサイズのTシャツはレイヤードするのに一番適していると思います。

袖の周囲の長さもゆとりがあるので中のTシャツが大きすぎない限り、ちょうどよくレイヤードできます。

上に何かを重ねる場合でも邪魔をしないのでいいと思います。

シルエットで迷ったときはジャストサイズが一番です。

ジャストサイズのTシャツのメリット
  • レイヤードを楽しめる
  • シャツのインナーなどにも使いやすい
ジャストサイズのTシャツのデメリット
  • 特になし

オーバーサイズのTシャツを着る

今一番人気の大きさと言えばオーバーサイズ。

ブランドによっては「リラックス」「ワイド」などとも表記されることもあります。

流行りも長いこと続いているのでこの先も続きそうです。

有名ブランドやユニクロでも、このサイズの商品が一番でていると思います。

トレンドに載るということでは一枚持っていてもいいと思います。

初めてオーバーサイズのTシャツを着る方は他のサイズのものに比べて多少抵抗を感じます。

慣れてくれば平気ですが最初だけ、変さを感じるかもしれません。

オーバーサイズのものは基本的には裾のほうをレイヤードします。

袖の部分でもなくはないですが、オーバーサイズのものは袖も大きめで長めにできています。

肘くらいまでの五分丈、それより長い七分丈ぐらいのものもあります。

袖をレイヤードすると重さが出るので、オススメはしません。

このオーバーサイズのTシャツはタンクトップとの相性が一番いいと思います。

オーバーに着ているのでゆるさがでるので、タンクトップの緩い首元と似てるので相性がいいのかと思います。

オーバーサイズのTシャツのメリット
  • Tシャツをラフに着たい人にはオススメ
  • 締め付けるとこがなく楽
  • レイヤードして一番きれいに見える
オーバーサイズのTシャツのデメリット
  • 最初は抵抗がある
  • 流行っているので人と被りやすい

まとめ

細目のTシャツの特徴
  1. 体のラインが出ること。
  2. Aライン(上に着ている服が細くて、ズボンが太い)の服装が好きな人にはGOOD。
  3. インナーをきる場合は袖の長さ、袖の周囲を考える。
ジャストサイズのTシャツの特徴
  1. レイヤード(重ね着)がしやすい。
  2. シャツやジャケットなど上に重ねる場合でも合わせやすい。
  3. 一般的にこの形が一番ベーシックなので自分のファッションに取り入れやすい。
オーバーサイズのTシャツの特徴
  1. 今一番人気がこの形。
  2. 初めて着るときに多少抵抗がある。
  3. 丈が短めで、裾の長いインナーとの組み合わせがGOOD。

今回は定番である3種類に分類して特徴を解説しました。

自分の年齢や流行りなどもありますが、無地のデザインであればどのスタイルでも大丈夫です。

無地のデザインだとシンプルすぎるな、と思った方はポケット付きだけでもアクセントになるし

便利さもUPします。

オーバーサイズが流行っていてみんなが着ていますが他のサイズを着ていても変ではないので安心してください。

僕もジャストサイズぐらいのものを着ることが多く、これが一番体になじみます。

流行りなどを気にすることもありますが、好きな服を好きに着るのが一番オシャレだと思います。

少しでもTシャツを選ぶときの参考になればと思います。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ストリートファッションが好きな36歳。
UNIQLOで3年ほど働いていた経験あります。
身長178cm
普段着るサイズはL、XL
足のサイズは27cm
victim、monkey time、NEW BALANCEが好きです。
自分で使ったり着てみたものを紹介しています。
同じような体形の方に参考になればと思います。

目次